top of page
hdm.jpg

《胸壁にて》—1980-82

  Breast Region

加納光於展

会期:2023年1月16日[月]-2月4日[土]

開廊時間:11:00ー18:30  日曜休廊

《胸壁にて》—1980-82 No.65  1980  
油彩 カンヴァスペーパー  410×305mm

加納光於(KANO Mitsuo)1933年東京生まれ。版画の技法書を偶然手にしたことをきっかけに、独学で銅版画を学び、1950年代半ばから作品を発表。1960年代にはリュブリアナ国際版画ビエンナーレ、東京国際版画ビエンナーレなど数々の国際展で高い評価を得ました。

初期の作品は植物や生物を思わせるモノクロームの銅版画で表現。その後メタルプリント、リトグラフ、オブジェなどを発表。また、瀧口修造、大岡信など詩人とのコラボレーション、舞台美術、ブックワーク等幅広い活動を行い、1980年代からは色彩豊かな油彩を発表。

近年では愛知県美術館(2000)、神奈川県立近代美術館 鎌倉(2013)、CCGA現代グラフィックアートセンター(福島、2017)での個展、「瀧口修造/加納光於 《海燕のセミオテック》 2019」富山県美術館などに出品しました。

本展は、1980年に初めて油彩を発表された《胸壁にて》シリーズ約25点を展示致します。

当時、版画のイメージが強かった加納氏が、現在に至るまで制作を続ける油彩のエポックメイキング的な本シリーズは今なお、代表的な作品の一つとして強烈な印象を与えています。

現在も精力的に制作に挑む加納氏の油彩の原点ともいえる本作品。この貴重な機会に是非ご高覧下さい。

press to zoom

press to zoom

press to zoom

press to zoom
1/8

《胸壁にて》—1980-82

《胸壁にて》No.65 1980 油彩 カンヴァスペーパー 410×305mm

press to zoom

《胸壁にて》No.93 1980 油彩 カンヴァスペーパー 410×305mm

press to zoom
bottom of page