日和崎 尊夫 HIWASAKI  Takao

 

 

 

 

 

 

 

1941  高知市に生まれ

1962  武蔵野美術学校第二本科西洋画専攻 卒業(現武蔵野美大)

1970  版画集「薔薇刑」、詩画集「卵」(詩:嶋岡晨)を刊行

1974  文化庁派遣芸術家在外研修員としてヨーロッパに滞在

1977     木口木版画家の会「鑿の会」結成

1982     高知にアトリエ「白椿荘」を建てる

1989  「現代世界版画大典」に日本作家20名とともに収録

1990  高知版画協会設立

     高知国際版画トリエンナーレ展の創設に携わる

     版画集「東京百景」第1集の作家に選抜される

1992  死去 享年50

 

主な展覧会

1962  二人展(喫茶リオ/高知)

          第1回土佐派展(高知大丸/高知)以降'63、'64

1964  第32回日本版画協会展初入選(東京都美術館/東京)
        第38回国画会展 初入選〈信号NO.4〉(東京都美術館/東京)

1966  現代日本版画展(チェコスロバキア)

1968  第6回東京国際版画ビエンナーレ展(東京国立近代美術館/東京)

1970   シロタ画廊個展

1971  ブラッドフォード国際版画ビエンナーレ展(英国)
          現代の日本版画展(ベルギー)

1973   第2回スペイン国際版画ビエンナーレ展(スペイン)
      第10回リュブリアナ国際版画ビエンナーレ展(ユーゴスラビア)
     現代日本版画展(ベルギー・イギリス)

           ブラッセル現代日本版画展(ベルギー)

1974   第3回フレヘン国際グラフィカビエンナーレ展(ドイツ)

1975   日本の版画展(栃木県立美術館/栃木)

1978  現代日本10人の版画展(スペイン)

1980  現代版画の一断面展(東京都美術館/東京)

1984  版画の今日展(埼玉県立美術館)

1985  現代版画の軌跡展(福島県立美術館/福島)

1986   現代版画の表現と技法展(練馬区美術館/東京)

           日韓交流現代版画展(山口・韓国)

1990  版画の表現500年展(町田市立国際版画美術館/東京)

1992   第6回多摩秀作美術展(青梅市立美術館/東京)

         コレクションによる戦後の日本版画展(町田市立国際版画美術館/東京)

         本の宇宙展(栃木県立美術館/栃木)

         木版画ー明治末から現代ー展(練馬区立美術館/東京)

1993    日本の木口木版画ー明治から今日までー展(板橋区立美術館/東京)

1995   闇を刻む詩人ー日和崎尊夫 木口木版画の世界ー(高知県立美術館/高知、渋谷区松濤美術館/東京)

 

受賞

1964 第18回高知県展新人賞山脇賞〈星の歌NO.1〉

1965 第19回高知県展褒状受賞〈星と魚による6つの連作〉

1966 第20回高知県展洋画部門特選受賞〈窓・鏡シリーズ〉

1967 第35回日本版画協会賞受賞〈祈りと呪いのためのエチュード〉

1969 第2回フィレンツェ国際版画ビエンナーレ金賞受賞〈星と魚による6つの連作〉

1991 第5回山口源賞受賞

1962年畦地梅太郎に板目木版を学び、のち加藤清美から腐蝕銅版画の講習も受ける。1964年 恩地孝四郎の著書を通じて木口木版に関心を持ち、独学で木口木版画をはじめる。
1967年頃に『老子』と『法華経』から、仏教哲学の概念である「カルパ(Kalpa)」(劫)の思想に魅せられ、「カルパ」を作品化した連作を発表。その他版画集や詩画集も多く手がけ、その緻密な線が生み出す闇黒と光芒の世界は、宇宙的な詩情の豊かさに満ちています。戦後、衰退していた木口木版を蘇らせ、新たな可能性を斬り開きました。

版画集 詩画集

1966 詩画集『星と舟の唄』(詩:坂本稔)

1968 版画集『博物譜』自家出版

1969 版画集『ピエロの見た夢』自家出版 

1970 版画集『薔薇刑』

    詩画集『卵』

1976 版画集『海想譜』(発行:シロタ画廊)

    詩画集『婚礼』(詩:西一知)

1977  詩画集『水夢譚』(詩:三好豊一郎+版画:城所祥/詩:鶴岡善久+版画:柄澤齊/詩:西一知+版画:日和崎尊夫

    /詩:渋沢考輔+版画:山本進/詩:窪田般彌+版画:栗田政裕)

1979 『鑿Ⅰ』(鑿の会:城所祥、日和崎尊夫、小林敬生、柄澤齊、山本進、栗田政裕/詩:菅野仁)

1980 詩画集『FURESIMA』(唄:坂本直昭) 

    『鑿Ⅱ』(鑿の会:城所祥、日和崎尊夫、小林敬生、柄澤齊、山本進、栗田政裕/序文:三好豊一郎)

1981 『鑿Ⅲ』(鑿の会:城所祥、日和崎尊夫、小林敬生、柄澤齊、山本進、栗田政裕/序文:種村季弘/俳句:鶴岡善久)

1982 『鑿Ⅳ』(鑿の会:城所祥、日和崎尊夫、小林敬生、柄澤齊、山本進、栗田政裕/編と解題:三好豊一郎/詩:鶴岡善久、     堀川正美、絵内義彦、渋沢考輔、高橋睦郎、山崎栄治)

    詩画集『緑の導火線』(詩:デュラン・トマス

1983 『鑿Ⅴ』(鑿の会:城所祥、日和崎尊夫、小林敬生、柄澤齊、山本進、栗田政裕

1989 版画集「東京百景』第1集

1991 木口木版画集『花』(鑿の会:城所祥、日和崎尊夫、小林敬生、柄澤齊、山本進、栗田政裕