向山裕(1984年ー)

兵庫県出身。2004年大阪美術専門学校絵画専攻卒業。国内外で作品を発表し、100号~120号の巨大なキャンバスに実際には指先ほどの小さな生物を精密なタッチでリアルに描き注目を集めました。

珍しい海洋生物 や動物 などを独特の世界観で緻密に描く向山 。その興味は自然界と生命の循環、一瞬で繰りかえされる美しくも儚い現象の不可思議さにあるようです。緊張感あふれる作品からは彼らから届けられる様々なメッセージへの畏敬の念が感じられます。

 

ニホンナマズ

¥230,000価格
  • タイトル:ニホンナマズ

    技法:油彩 キャンバス  年代:2020年

    作品サイズ:S15 / 652×652mm

    価格:¥230,000(税別)

     

    《作家コメント》

    ナマズを捌くとたまに腹から卵巣が出てくることがあり、予想外の色彩にびっくりします。どういうわけか真緑なのです。梅雨の頃、大雨が降ると、ナマズ達は普段の住処をそわそわと出発し、水田や氾濫原に集まって来ます。雨中夜間の事であまり人には知られません。そこで産卵と放精を行い、ビーズくらいの卵があちこちに散りばめられます。1〜2日経つと、橄欖石のような緑色球にくっついた極小の魚体が、非常に元気よく尾を振っているのが観察できます。さらに顕微鏡下に置くと、扁平な顔に二対のひげが見て取れ、もうナマズの面影があることが知れます。

© 2023 by Okanoue Gallery.(著作権表示の例)Wix.comで作成したホームページです。

東京都新宿区西新宿1丁目

  • Facebook Clean
  • Twitter Clean