DM修正d.jpg

井出創太郎展

piacer d’amor bush
―版と言葉 不在の庭―

会期:2021年9月21日[火]-10月16日[土]

開廊時間:11:00ー18:30  日曜・祝日休廊

作家在廊: 21日、16日

piacer d’amor bush <版と言葉> 2021
545×790㎜    緑青刷り  写真製版  廃銅版

井出創太郎(IDE Sotaro)1966年東京都生まれ。1991年愛知県立芸術大学大学院美術研究科絵画油画専攻修了。1987年より銅版画を制作。近年は、銅版画を襖、障子の形式で家屋に宿す作品へと展開。

「相倉/その光と襖」(世界遺産合掌造り集落相倉旧山崎家)や「渡部家住宅その光と記憶」(重要文化財 渡部家住宅)、2008年から10年間続けられた「落石計画」(旧落石無送線送信局・北海道根室市落石岬)など、特定の「場」が積み重ねてきた時の記憶を掬いとりながら、自分の想いを重ね合わせ、寄り添う空間を作り上げています。

作品には身近にある草花が使われており、今回は主に紫陽花が用いられています。腐蝕液に版を入れ、時間の流れに伴い変化しつつある一瞬(刹那)をプレスして留める事で、時間と記憶の集積が幾重にも重なりあって作品として昇華されているようです。

作品には全て「piacer d’amor bush」という題がつけられています。「piacer d’amor(愛の悦び)」は幼い頃いつも傍らにあったイタリアの古典歌曲で、作家の記憶全般の暗号となっています。「bush」は、植物が芽生へ、茂り、枯れていく、流れ行く時間と繰り返し、めぐりゆく時間が表現されています。一貫して時間、記憶のモチーフで在り続けています。

本展では〈版と言葉〉の作品を中心に約40点を展示致します。幾つもの時の記憶が紡ぎだされた作品を黙読下さい。

press to zoom

press to zoom

press to zoom

press to zoom
1/9
piacer d'amor bush<版と言葉>
piacer d'amor bush<版と言葉>

01+版と言葉2021-a-1 2021年   545×790mm 腐蝕銅版画緑青刷り、写真製版

press to zoom
piacer d'amor bush<版と言葉>
piacer d'amor bush<版と言葉>

02+版と言葉2021-a-2 2021年   545×790mm 腐蝕銅版画緑青刷り、写真製版

press to zoom
piacer d'amor bush<版と言葉>
piacer d'amor bush<版と言葉>

03+版と言葉2021-b-1 2021年   545×790mm 腐蝕銅版画緑青刷り、写真製版

press to zoom
piacer d'amor bush<水瓶>
piacer d'amor bush<水瓶>

30+水瓶2020-a 540×540mm 腐蝕銅版画緑青刷り

press to zoom
piacer d'amor bush<水瓶>
piacer d'amor bush<水瓶>

31+水瓶2020-b 540×540mm 腐蝕銅版画緑青刷り

press to zoom
piacer d'amor bush<水瓶>
piacer d'amor bush<水瓶>

32+水瓶2020-c 525×470mm 腐蝕銅版画緑青刷り

press to zoom

art project

落石計画 茶室
落石計画 茶室

対話空間(茶室) 旧落石無送線送信局・北海道根室市落石岬

press to zoom
女木島 2017
女木島 2017

「光射の器/島の影」展 女木島 2017年

press to zoom
渡部家住宅その光と記憶展
渡部家住宅その光と記憶展
press to zoom